小型特殊自動車(小特)


車種小型特殊自動車
所持免許なし、又は原付
技能時限数
学科時限数

 

小型特殊自動車は略して「小特」と呼んだりもします。

・最高速度が時速15km以下
・長さ4.7m × 幅1.7m × 高さ2.0m以下
の両方の条件を満たす特殊な構造を持つ自動車で、条件を満たさない場合は
大型特殊自動車(大特)となります。

原動機付自転車以外の自動車運転免許を取得すると、この小型特殊自動車を運転する事が出来ます。小型特殊免許だけを取得する事も出来ます。
小型特殊免許は都道府県の公安委員会が行う免許試験のうち、学科試験に合格することで免許を受ける事が出来ます。つまり、自動車学校に通う必要がなく、技能試験もありません。各都道府県にある「運転免許センター」又は「運転免許試験場」に直接出向いて試験を受けます。
書店で試験問題集等が販売されています。

取得条件
・年齢が16才以上